MongoDB
Atlas Data Lake

MongoDB問い合わせ言語(MQL)を使用して、AWS S3およびMongoDB Atlas内のデータをインプレースでネイティブ形式でクエリし、分析します。

MongoDB Atlas Data Lakeを使用する理由

サーバーレスでスケーラブルなデータレイクにより、データの価値を最大限に引き出しましょう。データの移動や運用上のオーバーヘッドを避けながら、ライブデータと履歴データを組み合わせて分析することができます。実行されたクエリだけがお支払い対象となります。

データを階層化し
その場所でクエリを実行

Atlas Online Archiveを使用すると、完全管理データベースとクラウドオブジェクトストレージ全体でデータを自動的に階層化できます。フェデレーテッドクエリを使用してデータをインプレースで組み合わせて分析し、aggregation pipelineの結果をお好みのストレージ階層に簡単に永続化できます。

豊富なデータを
簡単かつ直感的に分析

単一の接続文字列を使用して、データベースとAWS S3ストア全体で豊富な構造化データをインプレースでネイティブにクエリできます。MongoDB問い合わせ言語(MQL)を使用して強力でわかりやすい集計を実行し、データタイプ全体で一貫したエクスペリエンスを実現します。

あらゆるスケールで
データをオンデマンドで操作

Atlas Data Lakeはサーバーレスであるため、インフラストラクチャのセットアップや管理が発生せず、容量を予測する必要性がありません。データをアクティブに操作するときに実行したクエリだけがお支払い対象となります。ワークロードを並列化することでデータレイクをスケーリングしてパフォーマンスを提供し、グローバルなデータレイク分析を可能にします。

MongoDB Cloud Platformと
完全に統合

共通のUIから数回のクリックで、運用中のAtlasデータベースクラスターと平行してデータレイクの運用を開始し、すぐにデータのクエリを始めることができます。

MongoDB Cloudの詳細情報

Atlas Data Lakeの使用例を見る

はじめる準備はできましたか?

今すぐMongoDB Atlas Data Lakeを試す

データレイクに最適な機能

複数のフォーマット

JSON、BSON、CSV、TSV、Avro、ORC、Parquetに保存されたデータをインプレースで分析できます。データの取り込みと変換に伴う複雑な手間、コスト、時間の無駄は生じません。

強力な集計

MongoDB問い合わせ言語(MQL)を使用して、強力でわかりやすいモジュラー形式の集計を実行し、目的のストレージ層に結果を永続化します。

フェデレーテッドクエリ

単一のクエリを実行することで、Amazon S3上のMongoDB Atlasライブデータと履歴データをまとめてインプレースで分析でき、迅速に洞察が得られます。

サーバーレス

インフラストラクチャのセットアップや管理はありません。既存のAWS S3バケットへのアクセスを提供するだけで、即座にクエリの実行を開始できます。

オンデマンド

実行したクエリおよびデータをアクティブに操作する場合のみ、お支払いの対象になります。必要量や容量を予測する必要がなくなります。

完全な統合

MongoDB Cloud Platformと完全に統合され、プロビジョニング、アクセス、請求、サポートが実施されます。

MongoDB Atlas Data Lakeアーキテクチャ

価格

MongoDB Atlas Data Lakeは、処理されたデータと返されたデータに基づいて価格が設定される、サービスとしての完全管理データレイクです。
Data processed
Data returned
$5 per TB with a 10MB minimum per query
Standard AWS data transfer rates

よくある質問

MongoDB Atlas Data Lakeとは何ですか。

MongoDB Atlas Data Lakeは、AWS S3およびMongoDB Atlas内のデータをインプレースでネイティブにクエリし、分析できる、サービスとしての完全管理データレイクです。JSON、BSON、CSV、TSV、Avro、ORC、Parquet形式で保存された豊富な構造化データを、データの移動および変換のコストや複雑な手間なしに、シームレスに組み合わせて分析できます。

MongoDB Atlas Online Archiveとは何ですか。

MongoDB Atlas Online Archiveを使用すると、パフォーマンスの要件に基づいてデータを自動的に階層化し、システムの効率を向上できます。アクセス頻度の低いデータをMongoDB Atlasデータベースからクエリ可能なアーカイブストレージに移動することで、アーカイブへの容易なアクセスを維持しながら、コストを削減します。

MongoDB Atlas Data LakeはAWSで使用できますか。

MongoDB Atlas Data Lakeでは、AWS S3データをインプレースでネイティブ形式でクエリできます。MongoDB Atlas UIで数回クリックするだけでデータレイクをスピンアップし、AWS S3バケットに接続して、データのクエリおよび分析を開始できます。

MongoDB Atlas Data Lakeはどのように使用するのですか。

MongoDB Atlas Data Lakeは、MongoDB Atlasコントロールプレーンを介してアクセスおよびセットアップできるセルフサービスアプリケーションです。データレイクを作成して接続し、AWS S3に保存されたファイルからデータベースとコレクションを設定すると、MongoDB問い合わせ言語(MQL)とツールを使用して、強力な集計を実行できます。

独自のAWS S3バケットを接続するか、Atlas Online Archiveを利用して、MongoDB Atlasデータを自動的に階層化して完全管理クラウドオブジェクトストレージに送り、インプレースでクエリを実行できます。すべての履歴データをリアルタイムアプリケーションに公開して、新しい洞察を獲得したり、ユーザーエクスペリエンスを向上したりできます。

MongoDB Atlas Data Lakeについてより詳しく知るにはどうすればよいですか。

Atlas Data Lakeの開始方法の詳細については、ドキュメントを参照してください。