New
{New}  See what’s new with MongoDB 6.0 — and why you’ll want to upgrade today >>
MONGODB ATLAS

マルチクラウドデータ配信

MongoDB Atlasは、グローバルに分散された唯一のマルチクラウドデータベースです。70以上のリージョンにデータをデプロイするか、マルチクラウドクラスターを作成することで、2つ以上のクラウドを同時に利用するアプリケーションが可能になります。

マルチクラウドクラスター

マルチクラウドへの移行における次のステップ

AWS、Microsoft Azure、Google Cloudを横断する、単一のデータベースクラスターをデプロイできます。クラウド間でのデータレプリケーションや移行の管理といった複雑な操作は不要です。

任意のクラウドサービスで構築

複数のクラウドプロバイダーから、最善のサービスを同時に利用できるアプリケーションアーキテクチャをデプロイします。

シームレスなデータ移動

データはアプリケーションで最も移動が難しい部分ですが、クラウドクラスターで対処することで簡単になります。

クロスクラウドの回復性

同じ地理的な場所にサービスを提供する別のクラウドプロバイダーへの自動フェイルオーバーにより、カスタマーエクスペリエンスを保護します。

顧客の需要に対応

70以上のサポート対象リージョンのどの組み合わせでも、単一のデータベースであらゆる地域やクラウドの前提条件に対応できます。
グローバルクラスター

あらゆる場所のユーザーにリーチする

グローバルクラスターによりデータベースを地理的場所に応じてパーティション分割し、関連するデータをエンドユーザーの近くに保存することで、規制遵守および低レイテンシの読み取りと書き込みを実現します。

MongoDB Atlasは、推奨のグローバルクラスター構成を提供するため、世界中のすべてのユーザーに優れたエクスペリエンスを提供できます。ボタンをクリックするだけで、最も関連性の高いデータをローカルアプリケーションサーバーの近くに配置し、低レイテンシの読み取りと書き込みを実現します。

また、各ドキュメントに地理的な場所を定義できるため、チームはローカルのプライバシーとコンプライアンス対策により簡単に対応できます。

クロスリージョンおよびクロスクラウドのレプリケーション
選択したリージョンにデータのコピーを保存し、低レイテンシの読み取りアクセスと冗長性の向上を実現します。

アベイラビリティゾーン間

MongoDB Atlasによって、レプリカセット内のノードが、選択したリージョンのアベイラビリティーゾーンに自動的に分散され、単一のクラウドデータセンターに影響するインシデントが発生した場合にフェイルオーバーを確実に実行できます。

クラウドリージョン間

クロスリージョンレプリケーションにより、リージョン全体に影響するインシデントが発生した場合に異なるリージョンにフェイルオーバーできます。また、データのコピーを簡単に拡散し、分散したエンドユーザーに低レイテンシの読み取りアクセスを確実に提供します。

クラウドプロバイダー間

同じ地理的場所にサービスを提供する別のクラウドプロバイダーにフェイルオーバーできます。プライマリクラウドプロバイダーで問題が発生した場合でも、低レイテンシのデータアクセスと規制コンプライアンスを維持します。

お好みのクラウドで構築

MongoDB Atlasでは、ビジネス戦略に合ったcloudパートナーおよびクラウドエコシステムを自由に選択できます。アプリケーションの現在の機能と将来の開発にとって意味のある独自のサービスと統合を活用できます。

Ready to get started?

Deploy a test cluster for free today

MongoDB Atlasに戻る

MongoDBによって構築、実行されるグローバルクラウドデータベース。

信頼性

分散型のフォールトトレランスとマネージドバックアップ。