MongoDBアーキテクチャ

MongoDBは、次のようなテクノロジーを通じて、最適なアプリ開発を実現するように設計されています。

  • ドキュメントデータモデル:データ活用する最良の方法をお客様に提供します。

  • 分散型システム設計:お客様が必要とする場所にデータをインテリジェントに配置します。

  • どこでも実行でき、統一されたエクスペリエンス:ベンダーによるロックインを廃止し、将来を見据えたシステムを実現します。

これらのMongoDB機能で、インテリジェントな運用データプラットフォームを構築できます。 MongoDBが提供するテクノロジーの詳細については、アーキテクチャガイド をご覧ください。

データを活用する
最良の方法
  • 簡単:データ活用が自然で直観的な方法で行えます

  • 迅速:工数を掛けずに優れたパフォーマンスを得ることができます

  • 柔軟:変更の実施が素早く行えます

  • 多目的:広範な種類のデータやクエリをサポートしています

必要とする場所に
データをインテリジェントに配置
  • 可用性:洗練されたレプリケーションと自己修復型のリカバリーを通じて、回復力のあるアプリをグローバルに提供します

  • スケーラビリティ:シャーディングを通じて水平方向のスケーラビリティを強化します

  • ワークロードの隔離:運用ワークロードと分析ワークロードの両者を同一クラスタ内で実行します

  • ローカリティ:データを特定のデバイス上や特定の地理的場所に配置することで、ガバナンス、CoS(Class of Service)、低レイテンシアクセスに対応します

どこでも実行
できる自由
  • ポータビリティ:どこでも同じように実行できるデータベースを提供します

  • クラウド非依存:特定のクラウドベンダーによるロックインを排し、マルチクラウド戦略がもたらすメリットを生かすことができます

  • グローバルなカバレッジ:複数の大手パブリッククラウドプロバイダーを通じて、世界の50以上のリージョンでサービスを利用できます

© 2020 MongoDB, Inc.