MongoDBとは

MongoDBは、クエリとインデックス作成で必要なスケーラビリティと柔軟性を備えたドキュメントデータベースです

ニーズに応じて選べる利用方法

サンドボックス

  • 永久に無料
  • 学習、開発、プロトタイピングに最適

共有

  • 最大5GBのストレージ
  • 共有RAM

専用

  • 一貫したパフォーマンス
  • 高度なセキュリティ
  • 無制限のスケーリング

MongoDBの強力な分散ドキュメントデータベースには、エンタープライズ版とコミュニティ版があります。

コミュニティ

  • 豊富な機能
  • すぐに利用可能

エンタープライズ

  • 高度な機能
  • パフォーマンスグレード

クラウド

クラウド

サンドボックス

  • 永久に無料
  • 学習、開発、プロトタイピングに最適

共有

  • 最大5GBのストレージ
  • 共有RAM

専用

  • 一貫したパフォーマンス
  • 高度なセキュリティ
  • 無制限のスケーリング

サーバー

サーバー

MongoDBの強力な分散ドキュメントデータベースには、エンタープライズ版とコミュニティ版があります。

コミュニティ

  • 豊富な機能
  • すぐに利用可能

エンタープライズ

  • 高度な機能
  • パフォーマンスグレード

開発を簡単に

MongoDBのドキュメントモデルは、開発者にとって学習と使用が簡単でありながら、あらゆる規模で最も複雑な要件を満たすために必要なすべての機能を提供します。10以上の言語のドライバーを提供しており、コミュニティはさらに多くの言語を構築しています。

接続

ここで、ローカルでホストされているtestという名前のMongoDBデータベースに接続しています。このデータベースにはrestaurantsという名前のコレクションがあります。

-MongoDBはデータを柔軟なJSONのようなドキュメントに保存します。フィールドはドキュメントごとに異なり、データ構造は時間の経過とともに変化します

ドキュメントモデルはアプリケーションコードのオブジェクトにマップします

-アドホッククエリ、インデックス作成、リアルタイム集計により、データにアクセスして分析するための強力な方法を提供します

-MongoDBは中核の分散データベースであるため、高可用性、水平スケーリング、地理的分布が組み込まれ、使いやすい

-MongoDBは無料です。2018年10月16日より前にリリースされたバージョンは、AGPLの下で公開されます。以前のバージョンのパッチ修正を含む2018年10月16日以降にリリースされたすべてのバージョンは、[サーバーサイドパブリックライセンス(SSPL)v1](/licensing /server-side-public-license)の下で公開されます。

[ MongoDBのアーキテクチャの詳細→](/mongodb-architecture)

85,000,000+

Downloads & Atlas Clusters

1,300,000+

MongoDB University Students

35,000+

GitHub Repos

1,000,000+

Community members

MongoDBを稼働させる必要がありますか?

-組み込みのレプリケーションとフェイルオーバーによる高可用性

-ネイティブシャーディングを使用した水平スケーラビリティ

エンドツーエンドセキュリティ

コンパスでネイティブドキュメント検証とスキーマ探索

-自動化、監視、およびバックアップのための管理ツール

完全な弾力性組み込みのベストプラクティスを備えたサービスとしてのデータベース

[当社の製品の詳細を学ぶ→](/ cloud)

数千のチームからの信頼

はじめる準備はできましたか?

新しいクラスターを起動するか、ダウンタイムなしでMongoDB Atlasに移行します。