クラウドデータベース

クラウド仮想マシン(VM)で実行される従来のデータベースから、完全管理のサービスとしてのNoSQLデータベース(DBaaS)まで、クラウドデータベースはアプリケーション開発に変革をもたらしています。

クラウドデータベースとは

"クラウドデータベース" とは、クラウド仮想マシン(パブリッククラウド、プライベートクラウド、またはハイブリッドクラウドのいずれかのプラットフォーム)にインストールして実行される従来型データベースまたはNoSQLデータベースと、クラウドプロバイダーの完全管理のサービスとしてのデータベース(DBaaS)のいずれかを指します。前者の場合は、クラウド環境で独自のセルフマネージドデータベースを実行することになりますが、これは従来のデータベースの運用とまったく変わりません。一方、クラウドDBaaSは、サービスとしてのソフトウェア(SaaS)に匹敵するデータベースです。つまり、使用分についてのみ課金され、一貫性のある高パフォーマンスを維持しながら、需要に応じてプロビジョニングと拡大に関するすべての作業をシステムが処理します。

クラウドデータベースのオプション

Traditional database running on cloud virtual machine (VM)

Fully managed database-as-a-service

ほとんどの場合(およびこのページのほとんどの部分において)、"クラウドデータベース" という用語は、クラウドベースのサービスとしてのデータベースを指します。

クラウドデータベース/DBaaSを使用する理由

主なクラウドデータベースのメリットは、どこからでもアクセスでき、導入初日から拡張可能であり、信頼性とパフォーマンスを重視して作られていることです。

簡単なアクセスと俊敏性

チームがすでにクラウドインフラストラクチャでソフトウェアを開発している場合も、レガシーアプリケーションをクラウドに移行中の場合も、クラウドネイティブのデータベース製品の人気が高いのは当然です。最新のサービスとしてのデータベースプラットフォームでは、一貫したAPIとドライバーを通じてクラウドおよびクラウド以外のシステムからのアクセスを容易(かつコントロール可能)にし、重要なリソースへのアクセスを簡素化できます。簡単にアクセスできる一元化されたデータベースリソースは、特にマイクロサービスアーキテクチャにメリットをもたらします。これは、多くのアプリケーションがデータにアクセスしてデータを共有する必要があるためです。

クラウド SQLデータベースは多くの場面で役立ちますが、今日の クラウドのNoSQLデータベースの柔軟性は、データ管理とソフトウェア開発における俊敏性を劇的に向上させます。システムのアップグレード、クラスターの再調整、ハードウェアの迅速なプロビジョニングはもちろん、スキーマや構造の変更を行う場合もダウンタイムは不要です。

NoSQLではデータ品質を制御できないと思われる場合は、ドキュメントモデルの優れた柔軟性を犠牲にすることなく、構造的な保証を実現するMongoDBの管理方法をぜひご確認ください。

拡張性とパフォーマンス

データ管理システムが真に試されるのは、高負荷下での適応とパフォーマンスにおいてです。

最適なデータベーステクノロジーが何であれ、クラウドデータベースサービスは通常、データの増加に合わせて自動的にスケールアップし、さらにスケールアウトにより一貫したパフォーマンス特性で負荷を処理できるように設計されています。自動的に調整できない場合、優れた "サービスとしてのデータベース" は自動的にアラートで警告し、これによりユーザーはインデックスとアクセスパターンを最適化してパフォーマンス目標を達成することができます。

通常、完全管理クラウドデータベースを使用すると、独自のクラウドデータベースを維持するよりも安価であるだけでなく、手作業も少なくて済むため、ユーザーやチームは価値を提供することに集中できるようになります

信頼性とディザスタリカバリ

ミッションクリティカルなデータベースがオフラインになるよりも悪いことがあるとすれば、データベース内のすべてのデータを失うことくらいでしょう。

通常、クラウドデータベースはデフォルトで複製およびバックアップされるため、単一障害点によってアプリケーションがオフラインになることはありません。また、定期的な自動バックアップとディザスタリカバリにより、致命的なインシデントも軽減できます。

MongoDBのクラウドデータベースであるMongoDB Atlasは、リアルタイムで自動複製とバックアップを行うため、特定の時点へのリストアが可能になり、信頼性がさらに高まります。

チームがすでにクラウドインフラストラクチャでソフトウェアを開発している場合も、レガシーアプリケーションをクラウドに移行中の場合も、クラウドネイティブのデータベース製品の人気が高いのは当然です。最新のサービスとしてのデータベースプラットフォームでは、一貫したAPIとドライバーを通じてクラウドおよびクラウド以外のシステムからのアクセスを容易(かつコントロール可能)にし、重要なリソースへのアクセスを簡素化できます。簡単にアクセスできる一元化されたデータベースリソースは、特にマイクロサービスアーキテクチャにメリットをもたらします。これは、多くのアプリケーションがデータにアクセスしてデータを共有する必要があるためです。

クラウド SQLデータベースは多くの場面で役立ちますが、今日の クラウドのNoSQLデータベースの柔軟性は、データ管理とソフトウェア開発における俊敏性を劇的に向上させます。システムのアップグレード、クラスターの再調整、ハードウェアの迅速なプロビジョニングはもちろん、スキーマや構造の変更を行う場合もダウンタイムは不要です。

NoSQLではデータ品質を制御できないと思われる場合は、ドキュメントモデルの優れた柔軟性を犠牲にすることなく、構造的な保証を実現するMongoDBの管理方法をぜひご確認ください。

データ管理システムが真に試されるのは、高負荷下での適応とパフォーマンスにおいてです。

最適なデータベーステクノロジーが何であれ、クラウドデータベースサービスは通常、データの増加に合わせて自動的にスケールアップし、さらにスケールアウトにより一貫したパフォーマンス特性で負荷を処理できるように設計されています。自動的に調整できない場合、優れた "サービスとしてのデータベース" は自動的にアラートで警告し、これによりユーザーはインデックスとアクセスパターンを最適化してパフォーマンス目標を達成することができます。

通常、完全管理クラウドデータベースを使用すると、独自のクラウドデータベースを維持するよりも安価であるだけでなく、手作業も少なくて済むため、ユーザーやチームは価値を提供することに集中できるようになります

ミッションクリティカルなデータベースがオフラインになるよりも悪いことがあるとすれば、データベース内のすべてのデータを失うことくらいでしょう。

通常、クラウドデータベースはデフォルトで複製およびバックアップされるため、単一障害点によってアプリケーションがオフラインになることはありません。また、定期的な自動バックアップとディザスタリカバリにより、致命的なインシデントも軽減できます。

MongoDBのクラウドデータベースであるMongoDB Atlasは、リアルタイムで自動複製とバックアップを行うため、特定の時点へのリストアが可能になり、信頼性がさらに高まります。

クラウドデータベースの一般的な使用例

クラウドデータベースは、従来のデータベースとほとんど同じ場面で使用できます。特に、次のようなソフトウェア製品を構築する際に役立ちます。

Are cloud-native

Require large volume of data

Need to handle high scale traffic

Are distributed geographically

レガシーモダナイゼーションや分析など、統合処理を活用するデータアプリケーションも、クラウドデータベースの使用に非常に適しています。

特定のユースケースでは明らかにクラウドデータベースが適していますが、リアルタイムのオンライン取引の処理、キャッシュ、データウェアハウスなどの従来のユースケースも、同様にこの完全管理パラダイムと連携します。

Real-time transaction processing

Legacy database migration

Mobile application development

Internet of Things

Caching

Analytics

クラウドデータベースの検討事項

クラウドデータベースが適切であるかまだ検討中の場合も、ニーズに合う理想的な "サービスとしてのデータベース" を選定中の場合も、いくつかの考慮すべき重要なポイントがあります。

クラウドデータベースプロバイダー

クラウドデータベースの中には、すべてのクラウドプロバイダーで利用できるものもあれば(MongoDB Atlasは主要なあらゆるパブリッククラウドプロバイダーで実行可能)、1つのプロバイダーに固有のものもあります(例:GoogleのCloud Bigtableや、Amazon Web ServicesのRDSなど)。

既存のフットプリント、互換性要件、または既存の関係によってクラウドプロバイダーを決定する場合、選択肢はクラウド VM上のセルフマネージドデータベース、またはそのクラウドプロバイダーで提供されるサービスとしてのデータベース製品となります。

その他の戦略、例えばマルチクラウドハイブリッドクラウドによって、複数のパブリッククラウドやプライベートクラウドを活用しなければならない場合もあります。この場合、データベースの選択肢はプロバイダーやオンプレミスで運用できる製品に限定されます。

  • プラットフォームのロックイン。

  • テクノロジー要件。

  • クラウドプロバイダーの戦略。

データベーステクノロジー

既存のシステム、プロセス、またはスキルセットと連携するために、SQL互換製品を探しているお客様もいれば、システムのニーズに合わせてカスタマイズされたNoSQL製品の方に関心を持つお客様もいます。 プログラミング言語など、チームのテクノロジースタック内のその他の選択肢によっては、特定のデータベーステクノロジーがより適してる場合があるため、対象のプロバイダーやプラットフォームが自社の開発プロセスに適合しているかどうかをよく調べる必要があります。

  • 互換性があるか。

  • 移植性があるか。

  • ユースケースに合っているか

管理システム

適切なデータベーステクノロジーを自社で管理するための人材とスキルセットがあるでしょうか。ある場合は、クラウド VM上のセルフマネージドデータベースが最適です。ただし、その場合も、管理負荷の多くを引き継ぎ、より高度なプロジェクトのためにチームを解放するのに役立つ完全管理DBaaSプラットフォームを検討することをおすすめします。

  • 仮想マシンとDBaaS

  • パフォーマンス/SLA

-拡張性/成長のオーバーヘッド

  • 監視

コストモデル

クラウドデータベースのもう 1 つのメリットは、使用量ベースまたは利用ベースの価格への移行です。つまり、最終的なリソースのニーズを把握できる前に前もって投資するのではなく、小規模から開始して、必要に応じて拡大することができます。

  • VMベース、ライセンスベース、または使用量ベース

-ビジネスモデルに合わせた価格モデル

セキュリティ

データ漏洩のコストは上昇する一方であり、規制当局の調査はかつてないほど増えています。マネージドクラウドデータベースには階層化されたセキュリティのベストプラクティスが組み込まれているため、システムを自動的に最新の状態に保ち、幅広い専門知識を活用して最も安全な構成を実装するのに役立ちます。ぜひご活用ください。

  • アクセス制御と監査

階層型マネージドセキュリティのベストプラクティス

その他

今日のサービスとしてのクラウドデータベース製品は、データベースそのもの以上のメリットをもたらします。例えば、MongoDB Atlasには、SQL互換コネクター、統合されたチャートとグラフ、トリガーやサーバーレスコンピューティングを使用してデータ駆動型ワークフローを構築するためのツールなどが含まれています。

  • 分析

  • コネクター

  • 報告

  • 監査

  • トリガーと処理

クラウドデータベースの中には、すべてのクラウドプロバイダーで利用できるものもあれば(MongoDB Atlasは主要なあらゆるパブリッククラウドプロバイダーで実行可能)、1つのプロバイダーに固有のものもあります(例:GoogleのCloud Bigtableや、Amazon Web ServicesのRDSなど)。

既存のフットプリント、互換性要件、または既存の関係によってクラウドプロバイダーを決定する場合、選択肢はクラウド VM上のセルフマネージドデータベース、またはそのクラウドプロバイダーで提供されるサービスとしてのデータベース製品となります。

その他の戦略、例えばマルチクラウドハイブリッドクラウドによって、複数のパブリッククラウドやプライベートクラウドを活用しなければならない場合もあります。この場合、データベースの選択肢はプロバイダーやオンプレミスで運用できる製品に限定されます。

  • プラットフォームのロックイン。

  • テクノロジー要件。

  • クラウドプロバイダーの戦略。

既存のシステム、プロセス、またはスキルセットと連携するために、SQL互換製品を探しているお客様もいれば、システムのニーズに合わせてカスタマイズされたNoSQL製品の方に関心を持つお客様もいます。 プログラミング言語など、チームのテクノロジースタック内のその他の選択肢によっては、特定のデータベーステクノロジーがより適してる場合があるため、対象のプロバイダーやプラットフォームが自社の開発プロセスに適合しているかどうかをよく調べる必要があります。

  • 互換性があるか。

  • 移植性があるか。

  • ユースケースに合っているか

適切なデータベーステクノロジーを自社で管理するための人材とスキルセットがあるでしょうか。ある場合は、クラウド VM上のセルフマネージドデータベースが最適です。ただし、その場合も、管理負荷の多くを引き継ぎ、より高度なプロジェクトのためにチームを解放するのに役立つ完全管理DBaaSプラットフォームを検討することをおすすめします。

  • 仮想マシンとDBaaS

  • パフォーマンス/SLA

-拡張性/成長のオーバーヘッド

  • 監視

クラウドデータベースのもう 1 つのメリットは、使用量ベースまたは利用ベースの価格への移行です。つまり、最終的なリソースのニーズを把握できる前に前もって投資するのではなく、小規模から開始して、必要に応じて拡大することができます。

  • VMベース、ライセンスベース、または使用量ベース

-ビジネスモデルに合わせた価格モデル

データ漏洩のコストは上昇する一方であり、規制当局の調査はかつてないほど増えています。マネージドクラウドデータベースには階層化されたセキュリティのベストプラクティスが組み込まれているため、システムを自動的に最新の状態に保ち、幅広い専門知識を活用して最も安全な構成を実装するのに役立ちます。ぜひご活用ください。

  • アクセス制御と監査

階層型マネージドセキュリティのベストプラクティス

今日のサービスとしてのクラウドデータベース製品は、データベースそのもの以上のメリットをもたらします。例えば、MongoDB Atlasには、SQL互換コネクター、統合されたチャートとグラフ、トリガーやサーバーレスコンピューティングを使用してデータ駆動型ワークフローを構築するためのツールなどが含まれています。

  • 分析

  • コネクター

  • 報告

  • 監査

  • トリガーと処理

MongoDB Atlasのクラウドデータベース

MongoDBは、セルフマネージドデータベースクラスターまたは仮想マシンとして、あらゆるクラウドプロバイダーやオンプレミスネットワークにインストールして実行できます。または、AWS、GCP、Azureには、当社のサービスとしてのクラウドデータベース(DBaaS)製品であるMongoDB Atlasを使用してインストールおよび実行することができます。DBaaSオプションを採用すると、主に次のようなメリットがあります。

Simplified management

Elastic autoscaling

Redundancy, backup, and restore

Charts

Connectors

Schema navigator

MongoDBのより広範なサービスとしてのデータ(DaaS)開発プラットフォームの一部であるMongoDB Atlasは、(従来の)独自のNoSQLデータベースの管理や、クラウドプロバイダー固有のマネージド製品の使用に代わる、強力かつ魅力的な選択肢です。

クラウドデータベースの仕組みは、データベースインスタンスをインストール、構成、保守するだけではありません。自動システムによって、基盤となるデータベースクラスターをプロビジョニング、管理、拡張できます。

完全管理のデータベースサービスによって、一貫した可用性と高パフォーマンスのクラスターを維持する複雑性を処理することができ、開発者はグローバルに利用可能なシンプルなリソースとしてデータベースにアクセスできます。

クラスターは、透明性の高い使用量ベースの価格モデルが適用される単一のデータベースインスタンスとして扱うことができるため、プロビジョニングの過不足を心配する必要は一切ありません。