MongoDB Compass

MongoDBデータを探索、操作する最も簡単な方法

MongoDB 用GUIデータを視覚的に探索します。アドホッククエリを数秒で実行します。完全なCRUD機能でデータとのインタラクションを行います。クエリのパフォーマンスを表示して、最適化します。Linux、MacやWindowsで利用できます。Compassにより、インデックス作成、ドキュメントの検証などについて、よりスマートに決断を下すことができます。

視覚化および探索

直感的なGUIでデータを視覚化、把握、操作します。

挿入、修正、および削除

パワフルな視覚化編集ツールでデータを修正します。

デバッグと最適化

パフィーマンスの問題を視覚化された説明計画で把握し、使用率を表示してインデックスを管理します。
視覚化

組み込みスキーマの視覚化によりデータを把握

MongoDB Compassでは、ドキュメントが分析され、直感的なGUIでコレクション内のリッチな構造が表示されます。スキーマをスピーディに視覚化して探索し、データセット内にあるフィールドの頻度、データ型、範囲を把握できます。
クエリのパフォーマンス

サーバーのステータスとクエリのパフォーマンスを即座に把握

リアルタイムのサーバー統計により、主要なサーバーメトリクスとデータベース操作を表示できます。データベース操作を簡単にドリルダウンして、最もアクティブなコレクションを把握します。

地理空間データの視覚化、把握、操作

高度なクエリを作成するにはポイントアンドクリックし、ボタンを押して実行します。Compassは結果をグラフィカルに、またJSONドキュメントのセットとして表示します。

CRUDに対するより優れたアプローチで、データとのインタラクションが簡易化されます。

直感的なビジュアルエディターを使用して、数回クリックするだけで、既存のドキュメントをより自信を持って修正したり、新しいドキュメントの挿入や複製、既存のドキュメントの削除を行うことができます。

視覚的な説明計画でパフォーマンスの問題を理解

クエリがどのように実行されるか、わかりやすいGUIで把握します。このGUIは、パフォーマンスの問題を特定、解決するのに役立ちます。

使用率の表示とインデックスの管理

インデックスのタイプ、サイズ、使用率、および特殊なプロパティを把握します。ボタンをクリックして、インデックスの追加や削除を行います。

データを検証する、より簡単な方法

インテリジェントエディターにJSONスキーマ検証ルールを書き込みます。インテリジェントエディターでは、フィールド名、BSONデータ型、検証キーワードがオートサジェストされます。検証ルールに合格したドキュメントと不合格となったドキュメントのライブプレビューを利用すると、ルールが目的の動作を備えているかどうかを簡単に確認できます。

プラグインによる拡張が可能

Compassプラグインフレームワークは、APIとして公開されており、ユーザーによる拡張が可能です。その他の機能をお探しですか?プラグインをインストールするか、ご自身で構築してください。

集計による簡易化

直感的なUIにaggregation pipelineを構築コードスケルトンとオートコンプリートにより、ステージを簡単に作成することができます。ドキュメントのプレビューには、ステージが必要な処理を実行しているかどうかが表示されます。パイプラインで並び替えるには、ステージを追加、削除、またはドラッグアンドドロップします。完了したら、お使いのアプリケーションで使用するためのネイティブコードにエクスポートします。

今すぐCompassをお試しください